初めてのバナースタンド業者選び!4つの注意点

バナースタンド 注意点

バナースタンド 注意点

バナースタンド業者はどのように選んだら良いか?

はじめてバナースタンドを購入しようと考えている。

何回か購入したが、もっと良い業者は無いか?

そんな方向けに、バナースタンド業者を選ぶ上で、ここに注意した方が良いという点を紹介したいと思います。

ステップ0:バナースタンド業者基礎知識

バナースタンド 業者 知識

まず、バナースタンド業者選びの前に、バナースタンド業者について学んでいきましょう。

バナースタンド業者は基本的に、フレームを仕入れて、バナーを印刷して販売しています。

だから、基本通販サイトで上位に表示される業者の製品というのは、タイプが同じであれば、どれも一緒なんです。

印刷機を自社で保有しているか、コストを抑えて運営している、バナーの素材によって金額が変わってきます。

『じゃあ、一番安いところでいいんじゃない?』

とはならないところが、バナースタンドの奥が深いところなんですよ。

 

ステップ1:印刷代が込みか必ずチェックして!

色構成

WEB通販は安さ命!という事で、どこの業者も自社が一番安いように価格を表示させたいわけです。

この業界は価格.comでは表示されないんで、ちょっとした価格トリックを使う場合があります。

それが、『印刷代』なんですな。

通販サイトのトップページに、『印刷代抜き』の金額で価格提示をしていることがあります。注意書きの端っこに『印刷代別で~~す』と書いてあるわけです。

一瞬見たときには、すご~く激安に見えるんですが、そのまま注文しても真っ白な真っ白な何も印刷されていない、とても純粋なバナースタンドが届いてしまうわけです。

もちろん別にバナー印刷業者を利用している所もあるので、そういった要望もあるのですが、ほとんどの方は印刷されたモノが欲しいはず。

印刷代を込みで注文すると、『意外と高いっす』という事にもなるんです。

だから、業者を選ぶときは必ず印刷代が込みの値段かチェックが必要です。

ちなみに、デザイン代はどこも別なので、基本はデザインデータを支給する必要があります。※デザインデータに関する詳細は⇒バナースタンド通販の注意点!完全データ入稿に必要なAIファイル形式って?を見てください。

 

ステップ2:素材も要チェックでっせ!

大型バナースタンド シワ

バナースタンドのフレームはどこも一緒。だけど、バナーの素材はいくつか存在します。このバナー素材が、金額に大きく反映してくるわけです。

うち激安っす!うち激安っす!となっているところは、バナーの素材に安いものを使っている事があります。

バナーの素材は、紙系やビニール系やポリエステル製の布系などがあるんですが、メリット、デメリットがあります。

シワになりやすかったり、防炎加工されていない紙系は安い傾向にあります。

きっちりと素材の長短と価格を出しているところもあれば、素材を表記していないところもあって、ここは注意が必要ですね。

素材をきっちりと表記しているところの方が安心です。

ステップ3 色校正してくれる?

色表

 

色校正とは、実際に印刷された色のチェックをさせてくれるか、してくれないかです。

パソコンで見ている色と、実際に印刷される色は違います。人間の目って厄介なんです。

「俺のデザイン天才だわ~、この色マジ最高」と思って依頼しても、実際印刷されてきたものは、「なんだこの気持ち悪い色合いは??」ってことになることもあります。

あとロゴデザインやカタログに使われている色とホームページの色が違うってこともあったりするので注意が必要です。

これは激安、短納期をうたっているところは、言わないとやってくれなかったり、やっていないところもあります。

もし納期に時間があるなら、やってもらうことに越したことはないので、依頼してみてください。

ステップ4 故障の時のアフターケアをしてくれるか?

大型バナースタンド 修理

これをしっかり明記しているところが少ないのですが、故障したときに修理や部品交換をしてくれるか?という事です。

バナースタンドって結構壊れます。

この業界、そんな高いもんじゃないし、壊れたら買替してね!という風潮もあるので、修理依頼の窓口がある、交換パーツを販売している、保証があるなど、その点は確認した方が良いです。

いざ壊れたときに、どこから買ったか忘れてしまったりして、修理窓口が分からないということで、困る人多いんです。

最後に・・・

バナースタンドは、初めて購入する人にとっては非常に分かりにくいものばかりです。

せっかく購入するなら、失敗はしたくないし、良いものが欲しいですよね?

少しでもこの記事がお役に立てたら、幸いです。

常識を変える!大型バナースタンド

大型バナースタンド BIGPOP

激安じゃない!大型バナースタンド。

弊社の大型バナースタンド『BIG POP』は、他社製品よりちょっと価格が高いです。

それでも価格以上のメリットを提供する、ハイパフォーマンス大型バナースタンドなんです。

弊社独自開発の『BIG POP』は、洗練されたシンプルな設計で、従来のバナースタンドの欠点を一掃しました。

重い、小さく収納できない、組み立てが複雑、壊れやすい。

こんな悩みは、もう過去の事です。

BIG POPは、他社製品よりも60%も軽量(他社製品10社平均と比べて)、コンパクト収納、組み立てがシンプル、永久保証が裏付ける耐障害性と、圧倒的になパフォーマンスを誇ります。

本当に使えるバナースタンドを覗いてみませんか?

⇒広報用大型バナースタンド『BIG POPシリーズ』

関連記事

  1. 大型バナースタンド 選び方 ポイント

    便利な社会が想像力・創造力を殺す?アイディアを現実化させるための思考と…

  2. イベントの後追いが、なぜ失敗に終わるのか?

  3. 高いバナースタンド 安いバナースタンド 比較

    高いバナースタンドと安いバナースタンドの違いって何?

  4. 2020年東京オリンピック!大型バナースタンドが活躍する!?

  5. 避難訓練

    迅速な避難訓練の秘訣とサポートツール!

  6. 記者会見活用

    記者会見の背景は何故【市松模様】なのか?|バックボード・インタビューボ…

カテゴリー

    最近の記事

    1. テレビ
    2. フェイスブックページ
    3. インタビューボード サイズ
    4. カフェ デザイン
    5. SEO業者勧誘