大型バナースタンドを選ぶなら!ランニングコストも要注意!

大型バナースタンド ランニングコスト

大型バナースタンド ランニングコスト

大型バナースタンドを検討しているなら、ランニングコストも注意

大型バナースタンドの導入を検討している?

そんな人はちょっと、待ってください。

単純に価格だけで決めてしまうと、後々損をしてしまいます。

今回は大型バナースタンドを購入するときに、注意すべきランニングコストについてです。

 

大型バナースタンド購入で考えるべきコスト

bigpop2000

大型バナースタンドとは、大きな布(横断幕の様なもの)を自立させることができる広報用品です。記者会見や展示会で利用されているところを見かけますね。

大型バナースタンドを購入するには、3つのコストに注意する必要があります。

ここでは3つの種類の大型バナースタンドを比較してみます。BIG POPは弊社が開発したオリジナル製品です。

製品名タイプ本体サイズ(cm)
W×H×D
収納サイズ(cm)
W×H×D
三辺の合計(cm)重量(kg)
A社ロールアップ203 × 216 × 30203×9×152275.5
B社蛇腹型220 × 226 × 3090×45×4017510
BIG POPシンプル型260 × 210 × 55130×13×141576

 

大型バナースタンドの移動・運送のコスト

Karton Express

まずバナースタンド選びで注意すべき点は、移動・運送のコストです。

大型バナースタンドが、小型のタイプと異なる点は、収納してもそれなりに大きいという点です。特に主流の蛇腹型バナースタンドは、重量が10㎏を超えてくるので注意が必要です。

『持ち運び』できると言っても、かなりの重量物であることに変わりはないのです。

 

運送コスト~佐川急便で送る場合

持ち運びできると言っても、地方であれば送付することもあるかと思います。3製品について、佐川急便で東京-大阪への運送コストです。

製品名運送費
(往復)
2回3回4回5回6回7回8回9回10回
A社¥9,612¥19,224¥28,836¥38,448¥48,060¥57,672¥67,284¥76,896¥86,508¥96,120
B社¥5,292¥10,584¥15,876¥21,168¥26,460¥31,752¥37,044¥42,336¥47,628¥52,920
BIG POP¥3,678¥7,356¥11,034¥14,712¥18,390¥22,068¥25,746¥29,424¥33,102¥36,780

運送費が一番高い、A社製品は幅が200㎜を超えており、1往復が9,612円です。

BIG POPは、通常便に収まるため、往復でも3,678円と運送費は約3分の1程度です。

もしこれを10回繰り返せば、59,340円も差額が生まれてくるのです。

特に全国各地で使用を考えられているのであれば、このコストは馬鹿にはできません。

 

移動コスト~車・電車・飛行機

移動コストについても考えておく必要があります。本来電車でも持っていける距離だとしても、バナースタンドの収納が重かったり、大きかったりすれば、ガソリン代、駐車場代、車がなければレンタカー代が費用が掛かりますよね。

特にA社製品は車種や軽自動車には積載出来ないので、車でも移動を制限される可能性がある点は重要です。

また飛行機の移動についても、預入がA社・B社ともにサイズ制限に引っかかります。(詳細はバナースタンドー預入制限比較

 

運送コストは注意が払われることが少ないですが、大型バナースタンドの選び方によっては、ランニングコストが掛かるので、注意が必要なんです。

 

大型バナースタンドの管理コスト・保守コスト

 

大型バナースタンドは管理が大変

次に考える点が、管理コストです。

大型バナースタンドは、表示面が大きい為、下手に収納するとシワになります。シワなんてと思うかもしれませんが、自社名とロゴが記載している、会社の看板の様なもの。

バナースタンドシワ

それが『シワシワ』というのは、企業イメージとしては良くありません。それは、折れ曲がったカタログを渡すこと、よれよれのスーツを着た営業マンが立っている事と同じです。

『簡単収納』と売り文句で販売されているバナースタンドが多いですが、ここに落とし穴があります。

  • 簡単に収納できるが、シワになる事は考えていない。
  • 多少シワになっても、綺麗に見える工夫がされていない。

製品によっては、一度シワになると治せないものもあったりする為、これらをきっちり管理する必要があるのです。

見えにくいことですが、シワを気にする管理をするための時間が必要で、人件費にコストが掛かるわけです。

 

大型バナースタンドは壊れやすい

最後が、大型バナースタンドの保守コストです。

実はバナースタンドは安くても10万円を超える製品です。しかしながら、慎重に取り扱わないといけないデリケートな製品でもあります。

特に、蛇腹型のバナースタンドはフレームの部分が折れやすいのですが、修理が出来ないというデメリットがあります。

大型バナースタンド デメリット

修理ができないとなると、フレームの買替も必要となって、それだけで数万円の出費になるのです。

大型バナースタンドは、小型バナースタンドと比べて長期に使用する傾向が強い為、壊れやすいことで余計なコストが発生する懸念があるのです。

 

ランニングコストも考慮して、大型バナースタンドは選ぼう

安いものを追求することは、決して悪くはありません。

ただ安いさだけに注目してしまうと、思わぬコストに悩まさせることがあるのです。

特に大型バナースタンドは、長期で使用することもあり、この点を考慮しておくことが、製品選定の重要なポイントです。

 

低ランニングコストの大型バナースタンド

大型バナースタンド BIGPOP

比較表でも登場しましたが、弊社が独自開発した大型バナースタンド『BIG POP』は、従来の大型バナースタンドのデメリットを払拭した、ハイパフォーマンスな大型バナースタンドです。

唯一の弱点は他社よりも少しお値段がはります。しかしながら『BIG POP』が生み出す価値は、金額以上のメリットがあります。

軽量・コンパクトだから、移動手段を選びません。運送コストも大幅に低減できます。

簡単設置・シワになりづらい構造だから、管理が楽々。準備工数の削減が可能です。

洗練されたシンプルな構造だから、障害にも強く、永久保証を採用。長期運用も安心してお使い頂けます。

BIG POPの詳細はコチラ

⇒広報用大型バナースタンド『BIG POPシリーズ』

関連記事

  1. adboe

    気をつけて!データ入稿にも必要!古いアドビ製品を使っているなら要注意!…

  2. メール営業

    小手先の技を使うメール営業に意味はあるのか?忘れてはいけない”本質目標…

  3. データ入稿時の文字のアウトライン化って何?今さら聞けない広報のアレコレ…

  4. 大型バナースタンド 選び方 ポイント

    便利な社会が想像力・創造力を殺す?アイディアを現実化させるための思考と…

  5. バナースタンド選び方講座素材編

    初心者必見!バナースタンド選び方講座‐素材編

  6. 神戸 展示会

    国際フロンティア産業メッセ2015~神戸に行ってきました。

カテゴリー

    最近の記事

    1. テレビ
    2. フェイスブックページ
    3. インタビューボード サイズ
    4. カフェ デザイン
    5. SEO業者勧誘