大型バナースタンドに軽さが必要な3つの理由

大型バナースタンドは重い

重さ

 

大型バナースタンドはとにかく重い・・・

私が初めて大型バナースタンドを持った時の感想です。
このイメージを持たれている方は多いのではないでしょうか?

市販されている大型バナースタンドの重量を調べたところ、軽いものでも10kg、重いものでは25kgもありました。

もちろんバナーの大きさによる重量の増減はありますが、持ち運べるとはいえ・・・・かなりの重労働になる重さです。

さて、本題に入る前に、大型バナースタンドについておさらいしておきます。

大型バナースタンドとは、大きいバナー(横断幕のようなもの)を自立させることができる広報用品です。展示会や記者会見などで、背景として利用することが多く、これだけで会場の雰囲気をガラッと変えられます。

これと似たような広報用品で、バックボードやバックパネル、またそれらの総称でインタビューボードと言われたりします。

バックボードやバックパネルは板を使用する為、専門業者に依頼する必要があり、折り畳みが出来ない事が多く、手軽に設置が可能で、収納できる大型バナースタンドが注目されています。(※業者によって製品と呼び名の定義が曖昧です。バナースタンドをバックパネルと言っている場合もある)

大型バナースタンドは、バックパネルやバックボードと違い、持ち運び可能で、コンパクトに収納できる。だから相対的に比較して、重さが25kgがあったとしても、大型バナースタンドを選ぶことが多かったのです。

 

使って分かった!大型バナースタンドは重さが重要

大型バナースタンドは、バックボード、バックパネルとくらべ相対的に軽い、コンパクトに収納できる。そんな特徴があるのですが、お客様の声を聞いていると、これが絶対値で見た場合に、状況は変わります。

各社、工夫を凝らして大型バナースタンドを持ち運び可能にしています。

ただコンパクトと言えども、大型のスーツケース以上の大きさがあります。この大きさで10kg~25kg程度あることを想像してください。

キャスターが付いていたとしも、持ち上げる必要がある場合、一人で持ち上げられますか?

大型バナースタンドを利用する機会は様々です。軽さが必要だと思う3つの理由を説明していきます。

理由1:移動手段が限られる

自動車、電車、飛行機などの移動手段がある場合に、総重量が10㎏を超えるものを携帯するのはしんどいですよね。

10㎏を超える大きなスーツケースを、東京駅や新宿駅で持ち運ぶのは大変。電車に乗るときなども他人に迷惑かけないか心配になります。

飛行機は預入にも制限があるので、必然的に移動手段が限られてきます。

自動車の場合も、車種によっては積めないということもあり、軽自動車では運べないこともあります。

つまり、大型バナースタンドが重いというだけで、移動手段が限られてきます。

理由2:毎回送料が発生する

移動するに時は宅配便でするか問題!と思われるかもしれませんが、毎度送料がかかってきます。

年に数回の利用であれば問題ないと思いますが、頻繁に使用機会がある場合、負担は大きくなります。

佐川急便で調べたところ、東京から東京都内に送るにも往復5,000円程度かかります。

バナースタンドが重いというだけで、ランニングコストが増加し、返送の手間や、無事目的地に届くかという心配もあるのです。

バナースタンドが重いということは、見えないコストに大きく影響します。

理由3:気軽に使えないから、倉庫に眠る

大型バナースタンドは一度購入すれば、何度も利用可能です。だから使用すればするほど、費用対効果がでてきます。

しかし、大型バナースタンドが重く運ぶのも大変ということで、数回使って倉庫に眠っているお客様が多いのが現実です。

重くて大きいので、ちょっとしたイベントや、近場でも持っていくことを躊躇してしまうのです。

重いというだけで、せっかく購入した大型バナースタンドも費用対効果も出せないまま、倉庫に眠る可能性が高くなります。

頻繁に使用するのであれば、重さは気にするべきなのです。

結論:重さが重要

私も他社のバナースタンドを持ち運んだ経験があります。
決して力が無いこともなく、どちらかというと力持ちだと自負しています。

それでも他社の大型バナースタンドを持った瞬間に、会社から3分ほど歩いた所にあるコンビニまで行くのも無理と思いました。

だから、なるべく持っていきたくないという心理になりました。

大型バナースタンドは、持ち運びできることが一番のメリットでありますが、そこで軽さが重要になってくるのです。

 

軽い大型バナースタンドは無いのか?

軽い、大型バナースタンドはあります。

お客様が弊社の大型バナースタンドへ買替頂いた理由で一番多いのが、軽さとコンパクトさです。

どれ程、軽いかと言えば、他社製品10社とくらべて60%軽いんです。

総重量で6kgまで軽量化しています。

どれ程、コンパクトかといえば、釣竿ケースのような1300㎜の細長いケースに収納可能です。

弊社の大型バナースタンドは圧倒的に軽い、コンパクトに収納できるメリットがあります。

だから、買替頂いた多くのお客様に、満足して頂いています。

軽い!大型バナースタンド「BIG POPシリーズ

BIG POPは様々なシーンに使える広報用品です。

訴求力はそのままに、軽さ・コンパクトさを追求したシンプルな設計で運用管理も楽。使用者の負担をグッと減らします。

今までの大型バナースタンドは重い、組立も複雑など、使用者に優しくないものがありました。

BIG POPは、それらのデメリットを取り除いた広報用大型バナースタンドです。

bigpopyuudou

 

 

関連記事

  1. 突然の記者会見

    記者会見の背景って何??導入するメリットはあるのか??

  2. セミナー

    セミナー主催で”気をつけるコト!” &”準備すべきもの!”

  3. 神戸 展示会

    国際フロンティア産業メッセ2015~神戸に行ってきました。

  4. デザインは自由

    広報担当者が色にこだわるべき理由

  5. 大型バナースタンド ランニングコスト

    大型バナースタンドを選ぶなら!ランニングコストも要注意!

  6. 大型バナースタンド 選び方 ポイント

    便利な社会が想像力・創造力を殺す?アイディアを現実化させるための思考と…

カテゴリー

    最近の記事

    1. テレビ
    2. フェイスブックページ
    3. インタビューボード サイズ
    4. カフェ デザイン
    5. SEO業者勧誘