SNS運用で成果が出ない!バズを目指さない!堅実なSNSマーケティング運用支援サービス

フェイスブックページ

当サイトに訪問いただきありがとうございます。

東京広告工業株式会社の岡田です。

弊社ではSNS活用方法にお困りの企業様向けにSNS運用サポートサービスを提供しています。

当サイトを訪れたということはこんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

  • ビジネスにSNSを活用したいけれど、何から始めたらいいのかわからない!
  • SNS運用を始めてはみたが、続かない、成果がでない!

もしこのような悩みをお持ちでしたら、弊社のバズを目指さない!堅実なSNSマーケティング運用支援サービスをぜひ紹介をさせてください。

弊社のサービスは、投稿が拡散されること(バズる)を目的とした表面的な認知度を上げるための運用でなく、ビジネスに結びつけるための、顧客と強い接点を作ることを目的としたSNS運用をサポートします。御社専用のSNSお困り相談室を開設していただくイメージで、御社のSNSマーケティング担当社員様向けに、弊社のSNSスペシャリストがSNSの効果的な投稿など、活用方法をレクチャーしたり、SNS運用で困っていることに関してアドバイスを行います。

「運用代行はしてくれないの?」

と思われるかもしれませんが、弊社ではあえて運用代行ではなく内製化をおすすめしています。

SNS運用の内製化をおすすめする理由は、コストを抑えながら将来的に強力な武器を手にするためです。

運用代行に任せてしまった場合ノウハウが残らないため、ずっと業者に依存しつづけるリスクがあります。

また、理由は後ほど説明をしますが、当事者でない第三者が運営するSNSでは、本当の意味で成果が出る魅力的な企業アカウントにならないと考えています。表面的な関心は集められてたとしても、本質的な魅力は第三者でななく当事者、御社にしか伝えられないのです。

内製化することで、効果的にSNS運用に関するノウハウを社内に蓄積することができます。

蓄積されたノウハウは、SNSだけではなく、ブログ、メールマガジン、インターネット広告など、インターネットを使ったあらゆる活動で流用ができる汎用性の高いノウハウです。だから、時代や流行が変わり、新しいタイプのSNSが登場してたとしても、新しいサービスが登場しても、コストゼロで対応できる力が身に付くようになります。

だからこそ、SNS運用の内製化をおすすめしているのです。

自社でSNS運用ができるのか不安

  • 社内には詳しい社員がいないから本当にできるか不安。
  • 以前も挑戦したけれど、全然効果がなかった・続かなかった。

SNS運用を内製化ではなく運用代行にしたい理由として、このような不安をお持ちの経営者・担当者の方は多いです。

しかし、安心してください。

企業SNS運営を行うにあたって、ITやSNSの知識、魅力的な文章力、感動するほどに綺麗な写真を撮る技術は必要ありません。

大切な事は、SNS運用の基本をおさえること!

以前挑戦したけれど効果が出なかった・継続できなかった理由も、SNS運用の基本をおさえられていなかった可能性が高いです。

では、SNS運用のおさえるべき基本とは、どんなものがあるでしょうか?

SNS運用は基本をおさえれば大丈夫

SNS広報

SNSで運用で大切なのは〇〇な気持ち

何度も言いますがSNSを有効活用するには、心が動かされるような文才や、人を魅了するような写真技術は必要ありません。

また、プログラミングのようなITの知識も必要ありません。

必要なのは顧客や潜在顧客に喜んでもらいたい気持ち。

不思議なもので、気持ちや温度感というのはSNSでも伝わるものです。

たとえ下手な文章でも、見栄えの良くない写真でも、投稿者の気持ちが加わることで魅力的な投稿に変わります。

実際にSNS運用経験もなく、カメラも全くの素人だった方でも、短尺動画サービスTikTokで30万再生を達成したり、インスタグラムで数ヶ月でフォロワーを1000人を獲得しています。

それも、顧客や潜在顧客にいかに喜んでもらえるかを意識した結果です。

先ほど話をした運用代行をおすすめしない理由がこれで、運用代行ではどうしても又聞きになるため、どうやっても当事者の気持ちや熱量が伝えることができません。投稿のリアリティが消失してしまうため、プロにお願いしたけれど成果が出ない理由は、目には見えないものの重要性を軽視してしまったからなのです。

本サービスでは上記のことを意識しながら、ITやSNSに詳しくない、文章を書くのが苦手、カメラも全くの素人という方にでも、具体的にどうように投稿をすれば良いのかなど、SNSを活用するための方法を手取り足取りレクチャーをしていきます。

SNS運用のコツを発見する

社員にSNSの運用を任せてみたが、想定していた効果が出ないので、更新が止まってしまうケースは多いです。

SNSのビジネス活用は、以前のように闇曇りやれば成果ができるようなものではなくなってしまいました。

SNS成果を出すにはコツが必要です。しかし、陥りやすいポイントで、企業の業種業態、特色、SNSを活用したい目的によってもコツというのは千差万別なんです。

SNSを上手に運用するコツは、自ら探し出すしかないのです。

だから、別の企業が成功事例をそのまま持ってきたとしても、成功するとは限らないのです。

自社をよく理解してから、どんな情報を提供すれば顧客が喜んでくれるのか?を顧客目線で考えながら、効果的な手法を見つけるステップを踏んでから運用すべきなのです。

しかし多くの企業ではこのステップを飛ばして、闇雲に始めるため失敗するのです。

当サービスでは御社のビジネスに適したSNS運用をアドバイスします。例えばどのSNSを使えば効果的なのか、御社のビジネスではどこをアピールすれば良いかなど総合的にアドバイスをいたします。

SNS運用はスタートがとても大切

業務効率化

SNSの理想と現実-守破離を知る

SNSをはじめたら売上が10倍になった!と成功体験が世の中にあふれているように感じますが、それはほんの一握りの話。

ランチの画像を投稿したり、新しい商品を紹介したら何万件もシェアされたというのは、有名人や大企業のアカウントだからできる芸当です。

Webサイトと同じように、活用しているだけで効果が出やすい時代もありましたが、現在はSNSを活用して当たり前という段階まできています。

特に企業アカウントは営利目的だと思われるので、一般のアカウントより難しいのが現実です

SNSアカウントを開設したら売上や顧客が増えるからと始めてみたものの、投稿しても、投稿しても、無反応が続いて、フォロワーも増えず、長続きしないままにやめてしまう企業さんは多いです。

しかし、不思議だとは思いませんか?

仕事や何かのスキルを身につける場合は、その道に精通した先生に教えてもらうことが多いはずです。

武道では守破離といって、先生からの教えを忠実に守り、少しずつその内容をアレンジしながら、自分流を編み出していくという考え方があります。

なぜ最初は教えを守るかといえば、間違った道に初心者は進みやすいからです。

しかし、SNS運用となると多くの企業では具体的に何をすれば良いのか知らずに、闇雲に間違ったやり方を続けて疲弊していくのです。

最初だからこそ、しっかりとした道筋を知っておくことが重要です。

知らないから陥る!SNS初心者企業がハマる罠

SNSでハマりやすい罠は、SNSは広告宣伝の場と捉えてしまうことです。実際にはインターネット経由であっても、現実にある交流の場と本質的には何も変わりません。

それにも加からわずSNSを広告宣伝の場と捉えられ、無意識・意識的に関わらず、一方的に営業ばかりしてしまうので、無反応だったりするのです。

あなたは、会うたびに商品を紹介してくる知人と仲良くなりたいと思うでしょうか?

同じように、商品やサービスのお知らせばかり投稿する企業アカウントを、フォローしたいと思いますか?

その企業に好意は持てませんよね?では、顧客に好意を持ってもらっている企業は何をしているのか?

今現在、SNSを上手に活用している企業は、顧客と交流してファンになってもらうこと重視しています。

ファン化することで、顧客が他の顧客へ御社の製品・サービスを紹介してくれるだけでなく、顧客と点ではなく面で、継続的に接点を持てるようになるので、コミュニケーションを通して、製品サービスを改良したり、新規商品の企画で一種に作り上げていくような、強力なマーケティングツールにもなります。

最近では、商品やサービスが溢れて、商品だけの差別化が難しくなってきています。

もし、あなたの友人が経営している八百屋と、他人が経営している八百屋で、大根が同じ値段で売られていたら、どちらで購入しますか?

おそらく多くの人は前者を選択するでしょう。むしろ、ちょっと高いくらいでも友人の方を選ぶのではないでしょうか?

そんなのは当たり前と思われるかもしれないですが、商品での差別化が難しくなってきている今では、商品を誰から購入するのかがとても重要になってきています。

あるSNSでは1ユーザーの平均フォロワー数は600人と言われています。

もし、100人の強烈なファンを獲得できれば、そのファンが拡散することで、ファン100人 × フォロワー600人 =  60,000人に拡散されます。

類は友を呼ぶと言われている様に、同じ様な性質のユーザー、つまりあなたを好きになってくれる可能性が高いのです。60,000人のうち、1000人が御社を好きになったとしたら、ファン1000人 * フォロワー600人 = 600,000人に広がる可能性もあるのです。

これはあくまで単純計算ですが、一時的に投稿が拡散されて認知度を上げるよりも、ファン化する方が堅実にビジネスに結びつけやすいのです。

誰から買うかを象徴する事例として、ひとりでECサイトを運営されている方で、大手ECサイトが乱立する中、SNSを活用してファンを獲得して、年商1億円を売り上げている人もいるのです。

つまりSNSを活用するということは、顧客と継続的にコミュニケーションをとり、親近感を持ってもらい、「御社だから購入する」というオンリーワンの状態を目指していくのです。

まずはその第1歩を踏み出して頂くためのお手伝いを、弊社の経験豊富なSNSスペシャリストがサポートさせて頂きます。

お急ぎください!受付できる企業様には限りがございます。

長い期間

当社の人的リソースに限りがありますので、これまで口コミの紹介のみで、Webサイトや広告で本サービスを実施ていることを公開しておりませんでした。

しかしながら、コロナ禍で苦しい中、なんとか売上を上げていきたいとSNSを活用しようと頑張っている企業様も多いのですが、うまく行かないと困っている方が多いと聞きます。

そこで今回特別に、SNS運用を内製化したい企業様向けに、必要な期間に応じて堅実なSNSマーケティング運用支援サービスを提供することと致しました。

  • 業種業態に適したSNS選びやアカウント作成のアドバイス
  • 効果的なSNSの投稿やコンテンツ作成のレクチャー
  • SNS運用に関する相談へのアドバイス

社内にSNS運用に関するお悩み相談室を開設するイメージでご利用いただけます。

お客様のお悩みや達成したい目標に応じて柔軟にサポートプランを構築していますので、ご興味がございましたら、下記フォームより一度お問合せください。

※公序良俗に反する場合や、業種業態によってSNSの運用が適さないと判断した場合にはお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

大変申し訳ございませんが、対応できる企業様には限りがございます。弊社都合で恐縮ですが、受付はあと残り1社とさせていただきます。詳細をご希望の場合には、Google Meetなどで打ち合わせの可能です。お早めにご連絡いただきますようお願いいたします。

    会社名・ご担当者様名 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)
      

    問い合わせ内容を記載ください。

    確認画面は出ませんので、送信ボタンを押す前にご確認ください。

    送信後にフォームがリセットされたように見えますが、この問い合わせフォームを囲むグレーの囲みの下部に「メッセージが送信されました。ありがとうございました。回答までしばらくお待ち下さい」と表示されていれば送信されています。

    送信後に確認メールの送付はございません。
    原則24時間以内に返信させていただきますが、
    2〜3営業日経過しても連絡がない場合、
    お手数ですがメールの再送もしくはお電話にてお問い合わせください。

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------

    ↓↓↓ 送信が完了すると、こちらにメッセージが表示されます ↓↓↓

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------

    関連記事

    1. ねずみ小僧 お守り

      ねずみ小僧のお守り 絶対に受かりたい受験に!ギャンブル・金運アップに!…

    2. インタビューボード サイズ

      インタビューボードのサイズはどれくらいが適切なのか?選び方とは?規格は…

    3. バナースタンド講座~スタンド編~

      初心者必見!バナースタンド選び方講座~フレーム編

    4. インタビューボードレンタル

      インタビューボード・バックボード|レンタルサービス

    5. トップバナー-BIGBOARD2

      記者会見やイベントに最適なバックボード|ハードタイプのインタビューボー…

    6. 避難誘導

      熊本の震災から、防災担当者の方は、移動行進でない本気の避難訓練しません…

    カテゴリー

      最近の記事

      1. フェイスブックページ
      2. フェイスブックページ
      3. フラッガイド セーフティー
      4. トップバナー-BIGBOARD2