【革新的】折り畳み式 バックボード・パネル制作|記者会見・セミナーに!

折り畳み式バックボード

 

 

 

 

当社ホームページに訪問頂きまして、

誠にありがとうございます。

 

弊社は創業昭和25年、広報用品を制作してきた老舗でございます。

お客様の広報活動をサポートするため、

お客様目線の製品開発に注力してきました。

 

弊社では他にはないオリジナルな製品を取り揃えており、

独自の付加価値を提供させて頂いております。

 

弊社バックボードを紹介させていただく前に、

こんなお悩みをお持ちではないでしょうか?

 

 

その悩み解決できるかもバックボード

 

BIGBOARDがその悩み解決できるかも

革新的バックボード

BIG BOARDの特徴

 

 

折り畳み式バックボード

 

記者会見用途にピッタリ!折り畳み式バックボード

 

 

BIG BOARDは、

折り畳み式のバックボードです。

従来のバックボードは、使用する度に制作、

使用後は解体する必要がある使い捨てのタイプのみ。

 

そのため、コスト面が非常にネックでした。

 

BIG BOARDは、折り畳みができるバックボードで、

何度も使用することができます。

 

使用しない時は3分の1のサイズに収納することもでき、

従来の欠点であったコスト面のデメリットを解消しています。

 

キャスター付きなので、室内移動も楽々できる優れものです。

 

バックボード満足

 

↓↓↓NEWモデル BIGBOARD2登場↓↓↓

 

 

POINT1


 

 

使えば使うほど、

費用対効果がアップ

 

リサイクル何度でも使えるバックボード

従来型のバックボードは、一度使用したらとり壊す必要がありました。

また、専門の業者による制作が必要なため、作業費や撤去費を合わせて、1回あたり約30万円の費用が必要と、経費負担が大きところが悩みでした。

BIG BOARDであれば、とり壊す必要がなく、収納できる折り畳みタイプなので、何度も使用することができます。

一度導入すれば、使えば使うほどお得になります。


 

 

バックボードは1回あたり約30万円も費用が掛かる。

 

 

BIG BOARDは10回・20回使用すれば、

1回あたりの費用は減少

 

 

 

 

 

 

POINT2


 

 

設置はわずか1分

準備が簡単で楽々!

 

 

 

準備が簡単道具不要!広げるだけで簡単!

BIG BOARDは、広げるだけで設置が可能です。

従来のバックボードは、前日から業者による作業、バナースタンドの場合は組み立てが必要で、手間が掛かりました。

BIG BOARDにすれば、使う場所に移動させたら、広げて、ストッパーを取り付けるだけなので、手間をかけずにあっという間に作業が終わります。

以前よりも、準備時間を短縮することができます。


 

準備時間を最小限に、時間を有効活用できます!

 

 

 

 

 

POINT3


 

 

 

省スペースに収納可能

だから邪魔にならない。

 

 

コンパクト収納3分の1に折りたためる

BIG BOARDは、ボード面を3つ折りにして畳むことが可能です。

記者会見の背景として利用する場合は広げるだけなので簡単に設置でき、使わない時は折り畳んで収納することができます。

迫力のある重厚な背景として使えるのに、収納する時は邪魔になりません。

薄く3つ折りにできるので、普段使わない時は、会議室の端や倉庫に収納すれば、人目につかずに収納ができます。

バックボードの最大のデメリットを解消している製品です。


 

収納場所に困ることも無くなります! 

 

 

 

 

POINT4


 

 

 

室内移動ができるから、

場所を選ばずに使用

 

 

 

バックボード移動キャスター付きだから移動も楽々

違う会議室や、別の部屋で使うこともあるでしょう。

BIG BOARDは、キャスター付きです。だから、室内間移動もできます。

普段は人目につかない倉庫に置いておき、使うときだけ会議室に運ぶという運用も可能です。

一人でも、運べるから運用の幅が広がります。


 

柔軟に使用場所を変更することが可能です。

 

 

 

POINT5


 

 

 

表と裏を入れ替えて

異なるパターンで使用!

 

 

 

表示を変更表示面は両面・張り替え可能

BIG BOARDは、ベーシックモデルは方面ですが、特注で両面で異なった表示面にすることが可能です。

だから、記者会見用途とは別のデザインにすることで、異なった用途でも使用することが可能です。

片面は掲示板など、普段でも使用出来る仕様にも変更可能です。


 

異なる用途でも使用することができます。

 

 

 

POINT6


 

 

記者会見以外で使える!

 

 

 

 

バックボード 使用例記者会見以外の用途でも活躍

BIG BOARDは記者会見以外の用途でも使用することが可能です。

例えば自社で開催する展示会、会議、セミナーなどの受付の背景に使用したり、簡易的なパーティションとしても使用が可能となります。

アイディア次第で、幅広い使用用途があるので、導入による費用対効果が高い製品となります。


 

 

多用途に使えるから、活用の幅が広がる

 

 

 

大型バナースタンドとは何が違うのか?

 

 

バナースタンドとの違いは??

大型バナースタンド

バックボードの代替として、昨今人気なのが大型バナースタンドという製品です。

大型バナースタンドとバックボードの違いは、表示面の素材です。大型バナースタンドの場合、表示面は布のため、折り畳んで収納でき持ち運び可能という利点がありました。

しかし、この大型バナースタンドにも欠点はあります。

表示面が布素材のため、バックボードと比べると見た目の重厚さに劣り、管理方法によって表示面がシワになってしまうことがあるので、メンテナンスに注意が必要でした。

欠点はあっても大型バナースタンドは、持ち運びできることから、特定の場所だけの使用をしないお客様には、最適でした。

しかし、特定の場所のみで使用するお客様の場合、このメリットは薄れてしまい、大型バナースタンドとバックボードの中間の要素を持つ広報用品が求められるようになりました。

そこで開発したのが、折り畳み式バックボード BIG BOARDです。

 

特定の場所以外で使用するなら

バナースタンドがオススメです。

BIGPOPトップ

 

 

 

特定の場所のみで使用するなら、

布製のバナースタンドよりも

(バナースタンドをバックボードという場合もあり)

見栄えの良いバックボードがオススメ!

 

 

 

折り畳み式バックボード

 

 

BIG BOARDの詳細情報

今まで折り畳めないことが常識だったバックボードが、折り畳めて収納できるようになりました。キャスター付きだから室内移動も楽々です。

※印刷代込み・完全データ支給が必要です。(デザイン料は別途)
※送料が掛かります。
※屋外では利用できません。

バナースタンド製品仕様

フレーム素材 スチール
サイズ(mm) スタンド含む W3,000×H2100×D600
表示面サイズサイズ(mm) W3,000×H2,100
収納時サイズ(mm) W1,000×H2,100×D600

 

さらに使いやすさが進化したBIGBOARD2登場

トップバナー-BIGBOARD2

BIGBOARD2の詳細を見る

製品のお見積・お問い合わせはこちらから

創業昭和25年の実績!
東京広告工業株式会社

TEL : 03-3814-6868 / FAX : 03-3814-6860

受付時間 9:30 – 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ

会社名・ご担当者様名 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)
  

特注内容や連絡事項があればご記載ください

送信後に確認メールの送付はございません。
原則24時間以内に返信させていただきますが、
2〜3営業日経過しても連絡がない場合、
お手数ですがメールの再送もしくはお電話にてお問い合わせください。

 

プライバシーポリシーはこちら

 

 

弊社製品紹介

大型バナー

弊社独自開発の大型バナースタンドです。従来の大型バナースタンドよりも軽量・コンパクトな製品で、オプションにより大型バナースタンドの枠を超えたシーンで使用ができます。

 

 

 

マジックテープ貼り付け例


デザイン不要で、チラシやカタログをマジックテープで貼り付けるだけの簡易バナースタンドのレンタルサービスです。今の営業資料を無駄にせず、デザイン不要だからコストも安く使用できるメリットがあります。

 

 

 

BIG POPレンタル

大型バナースタンドのレンタルサービスです。イニシャルコストを抑えてバナースタンドを使用することが可能となります。

 

 

 

関連記事

  1. 大型バナースタンド バランス

    インタビューボード・バックボードがグラつく、不安定時の対処方法

  2. バックボード

    【リピーター多数】記者会見・広報用バックボード制作|簡易組立・軽量イン…

カテゴリー

    最近の記事

    1. トップバナー-BIGBOARD2
    2. テレビ
    3. フェイスブックページ
    4. インタビューボード サイズ
    5. カフェ デザイン