知らないと損!SNS活用で企業の認知度UPして集客するには〇〇!

フェイスブックページ

SNSを上手に活用して、認知度をアップして集客に成功している企業が増えていることをご存知ですか?

ある企業の例では、

  • 全くゼロからSNS運用を開始して、トータル1万フォロワーを超え
  • フォロワーが増えなかったSNSアカウントだったのに、数ヶ月でフォロワーが1000人を獲得
  • SNS経験がなかった担当者が作った短尺動画が30万回再生

のような成果出ています。

SNSアカウントで投稿しても無反応、フォロワーも増えないと悩んでいないでしょうか?

SNSかアカウントを運用しても思った通りの成果がでないと悩まれている経営者の方は多いものです。

これらの企業のSNS活用方法は何が違うのでしょうか?

SNS活用が上手な企業の3つのポイント

SNS広報

1.SNSを広告宣伝の場と考えていない

SNSは広告宣伝の場だという認識があるなら、まずそのSNSに対する認識を変えることが大切です。

例えば、知り合ったばかりの人があなたと会うたびに、興味のない商品をずっと紹介してきたとしたら、その人のことをもっと知りたいと思うでしょうか?仲良くなりたいと思うでしょうか?

SNSも同様に、あなたがユーザーにとって好きなブランド企業ならまだしも、少し接点ができただけで、自社の広告宣伝してくるばかりの企業アカウントをフォローしたいと思うでしょうか?嫌ですよね?

企業アカウント運営の多くが、意識・無意識に関わらず、常に広告宣伝をしてしまっているため上手く行かないのです。

それが嫌われる企業アカウントと、好かれる企業アカウントの差です。

認識を変えるだけで、企業アカウントであってもユーザーの反応がガラッと変わります。

2.SNSで興味を持ってもらうコツを見つけている

SNSを活用するためには、コツを掴む必要があります。しかしそのコツも業種業態、顧客のタイプによっても千差満別です。

自社のこと、自社製品・サービスを通して、顧客が喜ぶ要素や、顧客にとって素敵な未来はなにか?を深く掘り下げながら、何を伝えて、何を伝えないかを見極めていきます。

大切なことは、商品やサービスの良さを伝えるのではなく、顧客がその商品やサービスを通して良い未来へ進めるようにサポートするイメージです。

例えば化粧水を販売している化粧品メーカーであれば、この商品は保湿力が優れている!と投稿するのではなく、肌が保湿されていないデメリット、保湿するメリット、保湿する時の注意点のように、顧客にとって参考になる情報を伝えることです。

有益なコンテンツを投稿し続けていると、〇〇な投稿をするとユーザーの反応が良いなど、良い反応を引き出すコツが掴めてきます。

コツを掴むことでフォロワーが増えたり、投稿が拡散されやすくなるなど良い循環を生み出すことができるようになります。

3.SNSで大切なのは〇〇を作ること

SNS活用で1番大切なのことは、SNSからすぐに成果を、まず御社のファンを作ることです。

御社のファンを増やすことで、リピーター化を促進したり、口コミによる紹介、ファンとの交流から新規開発案の発見や、改良点の発見など、売上以上に得るものがあります

熱狂的なファンを作ることで、御社の製品やサービスの差別化・ポイントになるのです。

このパートの冒頭で「あなたが好きなブランドならまだしも」と話しましたが、御社のアカウントがその存在になればいいのです。

例えば、大根はスーパーでも八百屋さんでも買えますよね?

もし大根が同じ値段だとした場合、全く知らない人が経営している八百屋と、飲み友達が経営している八百屋だったら、どちらから買うでしょうか?

多くの人が後者から買うはずです。むしろ、少し高くても友人のほうから買うのではないでしょう?

企業のことを法人と言いますが、企業の雰囲気のような独特の人格がそれぞれ存在します。

企業の人格をSNSで表現して、人として好きになってもらうのです。

しかし、それは一朝一夕で得れるものではありません。信頼とはまさに毎日の積み重ねが必要です。

このように考えるとSNSは何か新しい手法のように感じられますが、過去からずっと営んでいるコミュニケーションの延長線上でしかないのです。

時代が変化しても変わらない!SNS活用は本質を追求したノウハウ

展示会 心理学

当社はおかげさまで創業72年を迎え、これまで多くのお客様の看板制作や販促支援、イベント運営・企画を通して、お客様の認知度アップ・集客をサポートしてきました。

そんな古い会社にSNSを任せて大丈夫?と思われるかもしれません。

SNSと聞くと現実世界と切り離して考えてしまいますが、本質は昔から変わっていません。かつての商店街の八百屋であったり、魚屋であったり、SNSも同じようにコミュニケーションからビジネスが生まれる時代になってきました。

つまり、現実で活用されていた認知や集客のノウハウを、そのまま生かすことができるのです。

逆に言えば、SNSを活用できるノウハウを身につけることができれば、時代や流行が変わったとしても、SNSに代わる新しい何かが登場したとしても、人が求めるものの本質は変わらないため、これから先の武器になるのです。

そこで、当社のこれまでのノウハウを活かしながら、SNSに精通したスペシャリストが御社のSNS活用でお悩みの企業様向けにSNS運営のサポートをしております。

SNS運営の不安をスペシャリストがサポート

業務効率化

「これからの時代はSNSを活用しないと!」とSNSアカウントを開設をする企業は増えましたが、かつてのホームページのように、今やSNS運用はやっていて当たり前になっています。

しかし、いざ始めてみたものの、投稿しても無反応、フォロワーが全然増えないとお悩みの経営者様から、当社にご相談を頂きます。

SNSを活用するには、人の心を動かすような文才や、美しくて映えるような写真技術は必要はありません。必要なのは、お客様が必要とする情報を見つけ出して、それをお伝えすることだけなんです。

と口で言うのは簡単です。

実際にSNSをはじめると、ついつい顧客目線を忘れて企業目線な投稿になったりと、壁にぶち当たることもあると思います。

でも、ご安心ください。

当社のSNS運営サポートサービスは、御社内にSNSお悩み相談室を開設するイメージで、Webメディアの立ち上げや運用、スマートフォンアプリ開発・マーケティングなど幅広い経験でSNSを活用してきたスペシャリストがSNSの効果的な運用方法や投稿など、レクチャーとアドバイスをしていきます。

実際に全くSNSを活用した経験がない方でも、数ヶ月でフォロワーが1000人を超えたり、短尺動画サービスで30万回再生を超えています。

当社がサポートする上で大切にしていることが、表面的な数字ではなく、中身を重視することです。

傍観者を10000人増やすより、100人のファンを増やすことを大切にしています。

例えば、広告大量投入したり、かっこいいトリッキーな動画を作成したり、ギフト券が当たるキャンペーンなどをしてフォロワー数や投稿表示回数を爆発的に増やすことも可能です。

しかしながら、これは一過性の効果で、フォロワーが1万人を獲得したのに、全然反応されず、コストを投入したのに成果がでないまま、時間が経つ毎にフォロワーが減っていくという失敗例は多いです。

傍観者をいくら増やしたとしても、御社に無関心で、何も行動してくれなければ、何も起きません。

では、ファンを増やす事で何が起こるでしょうか?

例えばあるSNSではフォロワー数の平均は、1ユーザーあたり600フォロワーというデータがあります。

単純計算ですが、仮に10人のファンが、御社の投稿を拡散してくれた場合、600フォロワー * 100人 = 60,000人に認知されることになるのです。

つまり、フォロワーの数は重要ではなく、ファンを増やしたほうが認知が上がるのです。

もちろん上記のような施策もスポット的に活用することもありますが、コンテンツによってユーザーに興味を持ってもらい、御社のファンを増やしていくことが大切なのです。

当社のSNS活用サポートサービスでは、この事例のように表面的ではなく、内面からユーザーを惹きつけるようなSNS運用をサポートしています。

お急ぎください!受付数には限りがございます。

長い期間

実は、人的リソースにも限度があるため、これまで口コミによる紹介のみで、Webサイトや広告で本サービスを公開しておりませんでした。

しかしながら、コロナ禍で苦しい中、なんとか売上を上げていきたいとSNSを活用しようと頑張っている企業様も多いのですが、うまく行かないと悩んでいる経営者の方が本当に多いなと感じていました。

そこで今回は特別にSNS運用を内製化したい企業様向けに必要な期間に応じて堅実なSNSマーケティング運用支援サービスを提供することに致しました。

当社では以下のサービスを提供しております。

  • 業種業態に適したSNS選びやアカウント作成のアドバイス
  • 効果的なSNSの投稿やコンテンツ作成のレクチャー
  • SNS運用に関する相談へのアドバイス

社内にSNS運用に関するお悩み相談室を開設するイメージで、気軽に相談いただける環境を提供いたします。

お客様のお悩みや達成したい目標に応じて柔軟にサポートプランを構築していますので、ご興味がございましたら、下記フォームより一度お問合せください。

※公序良俗に反する場合や、業種業態によってSNSの運用が適さないと判断した場合にはお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

追記:大変申し訳ございませんが、対応できる企業様には限りがございます。弊社都合で恐縮ですが、受付はあと残り1社とさせていただきます。詳細をご希望の場合には、Google Meetなどで打ち合わせの可能です。お早めにご連絡いただきますようお願いいたします。

    会社名・ご担当者様名 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号 (必須)
      

    問い合わせ内容を記載ください。

    確認画面は出ませんので、送信ボタンを押す前にご確認ください。

    送信後にフォームがリセットされたように見えますが、この問い合わせフォームを囲むグレーの囲みの下部に「メッセージが送信されました。ありがとうございました。回答までしばらくお待ち下さい」と表示されていれば送信されています。

    送信後に確認メールの送付はございません。
    原則24時間以内に返信させていただきますが、
    2〜3営業日経過しても連絡がない場合、
    お手数ですがメールの再送もしくはお電話にてお問い合わせください。

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------

    ↓↓↓ 送信が完了すると、こちらにメッセージが表示されます ↓↓↓

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------

    関連記事

    1. オリンピック需要!外国人観光客へのセールスプロモーションの注意点

    2. 大型バナースタンド 選び方 ポイント

      便利な社会が想像力・創造力を殺す?アイディアを現実化させるための思考と…

    3. メール営業

      小手先の技を使うメール営業に意味はあるのか?忘れてはいけない”本質目標…

    4. adboe

      気をつけて!データ入稿にも必要!古いアドビ製品を使っているなら要注意!…

    5. 室名サイン作成で忘れてはいけない事・注意するべき事

    6. 集客

      ”焼き鳥屋”から考える最高のセールスプロモーションとは何か?

    カテゴリー

      最近の記事

      1. フェイスブックページ
      2. フェイスブックページ
      3. フラッガイド セーフティー
      4. トップバナー-BIGBOARD2