BIG POP活用術|展示会ブースを簡単に演出できる広報用品

展示会利用 バナースタンド

tenjikai2.jpg

大型バナースタンド活用~展示会での課題

展示会に広報用大型バナースタンドは有効な広報用品です。

展示会の最大の目的は、企業であれば見込みユーザーの発掘・案件の創出で、官公庁・文教関係者であれば多くの人へ活動を知っていもらいたいと希望があるはずです。

しかし、展示会は同じ様な目的の団体が集まっているイベントなので、ただ製品や活動を展示して、説明員が立っているだけでは効果的な集客はできません。

熱心な来場者は個々のブースを見て回りますし、あなたのブースもしくはテーマに興味があれば訪れてくれるかもしれません。このタイプの来場者は、必然と興味を持っているので既存顧客の可能性が高いですが、競合が多いはずです。

展示会で最も重要なのは「潜在的な需要」を持っていながら、気づいていない顧客を発掘することです。

潜在的な顧客を発掘することで、市場が広がったと感じられたら展示会は、成果があったと言えるでしょう。

展示会利用 バナースタンド

 

「潜在的な需要」を持つ潜在顧客を集めるには、とにかく他のブースより”目立つ”こと。

展示会参加者は、展示会の為に1日の多くの時間を費やすわけではありません。

心の中に「新しい何か」を求めながら、目的のブースやテーマを度絞っており、目的沿った内容を探しながら会場内歩いているのです。

来場者は歩きながら、「不要な情報」と「必要な情報」を判断しており、興味が無いことは頭にも入らず、心にも響きません。

open

 

だから、カタログを配るだけでは、「不要な情報」として判断される可能性高いわけです。

これを解決するためには、その人に「ここは何だろう?」と興味をひかせるインパクトが必要です。

他社よりも目立たせることで、興味がない人を一瞬にして引き込むことが可能となり、潜在顧客や見込み顧客の発掘に繋げられます。

広報用大型バナースタンドが展示会に必要なワケ!

zyunbi

 

 

他の仕事をしながら、展示会の準備をするのは大変です。

展示物・カタログ・チラシの手配など、やるべきことは意外と多いものです。また、当日の設営も大変なので、なるべく手間を掛けたくないのが本音だと思います。

簡単に、展示ブースを装飾することができれば便利ですよね?

それを解決する方法として、大型広報用バナースタンド「BIG POP」を提案します。

「BIG POP」はのぼりからヒントを得て作成された訴求力に優れた広報用大型バナースタンドで、簡単設置、軽量コンパクト、再利用可能な広報用品です。

BIG POPは、誰でも簡単に、道具なしで設営できるので、たった数分で、殺風景なブースを魅力的なブースへ変えることができます。

 

電車や車で運べる携帯性!

car

 

 

BIG POPは、洗練されたシンプルな構造から軽量で、収納時もコンパクトとなります。

その為、運送便で発送しなくても専用ケースに入れたまま、自ら搬入が可能です。

BIG POPはコンパクトなので小さい車での移動、電車移動も可能です。

何度も使用できるので、使用回数が増えるほど費用対効果は高まってきます。

 

のぼり発想の万能広報・広告用品「BIG POPシリーズ

BIG `POPは、多彩な利用シーンに使える万能な広報用品です。

訴求力はそのままに、軽さ・コンパクトさを追求したシンプルな設計で運用管理も楽々な大型バナースタンドです。

従来の大型バナースタンドは重く、組み立ても複雑で、使用者に優しくないものがありました。

BIG POPは、それらのデメリットを取り除いた広報用大型バナースタンドです。

bigpopyuudou

syousai

関連記事

  1. 官公庁展示会の問題点

    BIG POP活用術|予算の少ない官公庁にオススメする広報用品

  2. 記者会見活用

    BIG POP活用術|記者会見は大型バナースタンドを使って低予算で準備…

  3. BIGPOP展示会例

    BIG POP活用術|大型バナーを営業・広報活動で使うメリットとは?

  4. SNS・広報用写真

    BIG POP活用術|広報用・SNS用写真・ショールームの背景で使う!…

  5. 記念撮影イメージ

    BIG POP活用術|学校・大学の式典や説明会で重宝する使い方

  6. 神戸市TAIANプロジェクト

    神戸市TAIAN PROJECT〜耐震とリノベーション|バックボード活…

カテゴリー

    最近の記事

    1. フラッガイド セーフティー
    2. トップバナー-BIGBOARD2
    3. テレビ
    4. フェイスブックページ
    5. インタビューボード サイズ