企業の防災用品にもう1アイテム!~避難誘導旗

避難誘導‐防災用品

避難誘導‐防災用品

企業の防災用品にもう1アイテム!~避難誘導旗

全国の社長、経営陣、総務課の方!
防災用品の準備はお済ですか??

もう準備できるというなら、素晴らしいですね。
まだ、という企業さんは、是非参考にしてください。

突然ですが、避難誘導旗というのはご存じですか?

漢字そのままですが、避難誘導をする旗のことです。

もし、まだ自社内では用意してないということであれば、防災用品に追加することを検討ください!

避難誘導旗って必要?

避難誘導旗は、災害時に避難者を誘導するための手旗です。
主に避難訓練時、災害発生時の利用を想定されています。

ある企業でこんなことがありました。

テナントビルに入られている外資系の大手企業で、年に数回避難訓練を実施していました。
大手企業なので、社員数も多く、複数の階に部署を設けていることもあり、避難訓練と言えどもスムーズにいきません。

それはなぜか?

皆が勝手な行動をするのです。

避難訓練と言えども、人は勝手な行動をします。
もし、本当の災害だったら?と担当者が困っていました。

皆が勝手な行動をとる → スムーズな避難訓練が出来ない → 災害時に混乱、被害が出る可能性が高まる

つまり大切な避難訓練が、形式だけの意味のないものになっており、早急に解決する必要があったのです。

そこで担当者は、各部署に避難誘導端を導入しました。

避難誘導旗の導入

担当者は、各部署の代表者に避難誘導旗を持たせて、先導させたのです。

避難誘導旗を導入したところ、各部署ごとに小さなグループなります。
小さなグループになったことで、伝達事項や人数把握も容易となり、スムーズな避難訓練が可能となりました。

たった一つ、自社の防災用品に「避難誘導旗」を加えただけです。
各個人の勝手な行動を抑制し、統率することが可能になったのです。

多くの人を安全に避難するためには、誘導をすることが必須となるわけです。

更なる問題が発生した・・・

ここでは避難誘導旗と記載しましたが、実はこの企業が初めて導入したのは木製のプラカードに部署名を記載したものでした。
木製のプラカードは避難誘導をスムーズにするために貢献しましたが、大きな問題がありました。

それは、収納の問題です。
当初、木製プラカードは折りたためないので、倉庫にまとめて保管していました。

しかし、これでは避難訓練でのみ有効で、突然の災害に準備ができるわけもなく、実用性がないことが判明しました。

各部署に設置しておくにもかさ張るし、邪魔だったのです。

また木製プラカードは、重い。。。。
とても実用性のあるものでは、ありませんでした。

担当者は、木製プラカードから避難誘導旗の切り替えを考えました。

しかし、既製品の避難誘導旗は、「避難誘導」としか記載がないものばかりでした。
自分達の希望する、部署ごとに分けることが出来ない状況でした。

そこで、当社に下記条件に該当する避難誘導旗の作成依頼があったのです。

  • 折りたためてコンパクト収納可能
  • 大きく表示されること
  • 旗の部分はオリジナルにデザイン可能であること
  • 本体の重量が軽いこと

 

お客様の声で誕生した避難誘導旗『FLAGUIDEシリーズ』

当社が開発したオリジナルデザイン可能の「FLAGUIDEシリーズ」は、条件をすべてクリアした避難誘導旗です。

  • オフィスデスクの引き出しにも収納可能なコンパクトさ
  • インパクトと携帯性を両立したフラグ
  • オリジナルデザインが可能な自由度
  • 持っても疲れない軽量性

お客様が必要とする機能を重視した、他には無い避難誘導旗を開発しました。
高い汎用性、シンプルながら厳選された仕様は、どんなお客様にもご利用頂けます。

製品詳細はこちら→FLAGUIDEシリーズ

 

導入させて頂いた企業では、スムーズな避難訓練が可能になったと、喜んで頂けました。

あなたの企業ではスムーズな避難訓練はできていますか?
避難訓練が形式的なものになっていませんか?

本当に大切なことは、災害で被害を出さないことです。
そのために、日頃からの避難訓練、災害への備えが重要です。

普段出来ないことは、いざという時にもできない

ということを忘れてはいけません。

是非避難訓練について再度見直していただき、避難誘導旗を参照ください。

 

関連記事

  1. ラグビー 背景 パネル ボード

    ラグビー日本代表記者会見の背景?ボード?パネル?の正体はこれ!

  2. 避難誘導

    避難訓練は避難したら終わりじゃない!避難訓練の改善ポイント

  3. adboe

    気をつけて!データ入稿にも必要!古いアドビ製品を使っているなら要注意!…

  4. デザインは自由

    広報担当者が色にこだわるべき理由

  5. オリンピック需要!外国人観光客へのセールスプロモーションの注意点

  6. 苦手

    何をしたらいい分からない展示会・イベント企画の最初にやるべきこと

カテゴリー

    最近の記事

    1. フラッガイド セーフティー
    2. トップバナー-BIGBOARD2
    3. テレビ
    4. フェイスブックページ
    5. インタビューボード サイズ