屋内用バナースタンドを屋外用として使える??

屋外

こんにちわ。
東京広告工業 岡田です。

お店や展示会など幅広い用途で使用されるようになったバナースタンド。

 

以前はのぼりが主流でしたが、バナースタンドが使われることが多くなったように感じます。

 

さて、バナースタンドを外で使いたいな?と思う方も多いのではないでしょうか?

 

実際外に出しているお店も、増えてきているように思えます。

 

そんなあなたも、WEB通販サイトとにらめっこしているのではないでしょうか?

 

 

 

バナースタンドと言っても、種類はひとつだけではありません。

 

スタンドの立て方、バナーの大きさ、素材など選択肢が豊富です。

 

そもそも、屋内用と屋外用で分かれていたりします。

 

きっと、このページに辿りついた方は、屋内用を屋外で使いたいと考えられたのではないでしょうか?

 

屋内用だったら、外でも店内でも使えるから便利!

 

そう思われたかもしれないですね。

 

結論から言えば、屋内用でも屋外で使えますが、オススメはしません。

 

これから2つの理由を説明していきます。

 

 

 

屋内用の使用は危険

当たり前の話をしますが、屋内用は屋内を前提に作られています。

 

屋内用の場合は、持ち運びがしやすいように全体が軽量化されています。

 

軽量化されている軽いものでも1.8キロ程度ありますので、外に置くことができます。

 

晴天の無風の環境であれば・・・・

 

 

 

風が吹いている日、もしくは突然の突風があった場合、バナースタンドは軽く、空気抵抗があるので、簡単に倒れたり、吹っ飛びます。

 

常に監視しているわけではないので、非常に危険です。

 

特に店先に置く場合は、道沿いに設置すると思いますので、例え縛り付けて固定していても、倒れて通行人を怪我させる可能性もあるわけです。

 

ましてや、製造元も保証しているわけではないので、すべてあなたの責任になります。

 

ガチガチに固めてもいいですが、それでは動かせなくなりますし、そもそも屋内用を購入する意味もなく、初めから屋外用を購入した方がよくなりますよね??

 

屋外で使用するなら、初めから屋外用を選択しましょう。

 

 

 

 

屋内用は脆い

バナーの素材は、屋外用でも屋内用でも、雨風に強い素材を選ぶことができます。

 

その点は、雨の心配をする必要はありません。

 

雨に強く、丈夫なのは、ターポリンという素材です。

 

よく運動会のテントに使われる、少しゴワゴワしたビニール製の素材で。

 

 

 

屋内用を屋外でする問題点として、耐久生が挙げられます。

 

先ほども言いましたが、屋内用のバナースタンドは携帯性を重視して、軽量化されています。

 

軽量化するので、パーツ、特にフレームは細くなります。

 

細くなればそれほど壊れやすくなります。

 

 

実際、屋内でも間違って倒してしまったなどで、フレームが破損することがあるくらいです。

 

また、屋内用にはロールアップスクリーン型というタイプのものがあります。

 

これは設置を簡単にするために、複雑な構造になっています。

 

これも便利なのですが、内部の構造は比較的脆い構造なので、屋外には向きません。

 

屋外用とされているタイプは、フレームも太く、機構もシンプルになっています。

 

 

そもそも、屋外を想定しているので、耐久性が全く違います。

 

耐久性もさることながら、外に設置するために考えられた構造になっていますので、屋外で使うなら屋外用を選択してくさい。

 

屋外用は中でも使える

屋内用が屋外で使えないですが、その逆、屋外用を屋内用として使用することは可能です。

 

屋外用は初めから、足元が水を入れておけるタンクになっています。

 

携帯性は損なわれますが、重りの水の量を調整すれば、屋内でも十分使えます。

 

どうしても持ち運びも重視したいということであれば、屋内用と屋外用の2つを用意しておくしかありません。

 

バナースタンドで一番費用がかかるのが、バナーの作成です。

 

デザイン・印刷など、価格のほとんどをバナーが占めています。

 

屋内用と屋外用について、同じサイズのバナーにしておけば、屋内用と屋外用のフレームだけの準備で済みます。

 

危険性や利便性を考慮すると、この方法が一番です。

 

バナースタンドを安く購入するコツは、複数者見積を取ること。

 

そして、フレームだけの値段で判断しないことです。

 

通販業者の場合、安く見せようとして、フレームだけの価格を表示していることがあります。

 

一見安く見えるのですが、バナーと印刷、デザイン代を合わせたら、他者よりも高かったということは結構あります。

 

デザインや印刷は業者毎に大きく違うところで、価格の影響も大きいです。

 

複数者で見積を取る場合は、必ずバナー、印刷、デザインの含めた金額で比較しましょう。

 

最後に、複数の通販業者で販売されていますが、形状が同じものであれば、同じ商品と思って大丈夫です。

 

業者毎に差はありません。

 

そもそも、通販業者は、海外から安いフレームを仕入れて、バナーと印刷をセットで販売しているだけです。

 

メーカーのように製品を制作しているわけではありません。

 

だから、販売業者ごとに違うんじゃないか?と心配しなくても大丈夫です。

 

 

それでは、良いバナースタンドをお選びください。

 

BIGPOPトップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. ポイント

    評判はどう?プロが教える激安バックボード購入時に気をつけるポイント

  2. SNS広報

    広報活動はSNSとWEBページでアプローチを変える

  3. フェイスブックページ

    中小企業はフェイスブックページを作った方が良い?そもそもフェイスブック…

  4. 苦手

    イベントを仕切るのが苦手な人に見られる傾向とは?

  5. 突然の記者会見

    急な記者会見!どうしたら良い??何を準備したらいい?

  6. WEBマーケティング

    中小企業だけどWEB・SNSで集客をしたい!どんな本を読んだらいい?お…

カテゴリー

    最近の記事

    1. フラッガイド セーフティー
    2. トップバナー-BIGBOARD2
    3. テレビ
    4. フェイスブックページ
    5. インタビューボード サイズ