広報活動はSNSとWEBページでアプローチを変える

SNS広報

こんにちわ!
東京広告工業 岡田です。

 

弊社は東京で昭和25年から、看板・サイン作成、イベント企画・運営・開催、特注広報用品制作など、お客様の想いを現実化し、広報活動をサポートしてきた老舗です。

今回は広報活動におけるSNSとWEBページのアプローチ方法の違いについて、話していこうと考えています。

 

SNSとWEBページの大きな違い

さて、今広報活動においてFACEBOOKやツイッターを始めとしたSNSとホームページを使ったWEBは、必須と言っていいほど重要なものになってきました。

 

この両者の魅力は、少ない労力で、更に低コストで世界中に情報を発信できることです。

 

この様に同じような役割にも思える、SNSとWEBページですが、微妙にその役割が違うところがあります。

 

その違いは、情報発信のターゲットです。

 

皆さんがWEB、ここではgoogleやyahooなどの検索エンジンを対象としていますが、使う時はどんな時でしょうか??

 

そうですね。

何かを知りたかったり、解決したかったりする時に使用します。

つまり人が検索エンジンを使う時には、悩みが必要となります。

そして、その悩みを認識し言語化できれなければ、検索エンジンを使うことができません。

 

WEBページにアクセスしてくる人は、何かしらの悩みを持っていることになります。(※SNS経由のアクセスもありますが、話の都合上割愛します。)

 

 

では、SNSの場合はどうでしょうか?

ハッシュタグを使って検索することもありますが、基本はタイムラインに流れてくる情報を見ることになります。

人は悩んでいる状態でSNSを使用していません。

あくまで、特定ではない、不特定な情報収集でSNSと接しています。

 

そして潜在的な悩みや、興味のあることに合致した内容があると、人はその記事を読むことになります。

 

この両者の違いは分かりましたか??

WEBページは、悩みが顕在化している人がターゲット。

SNSは、悩みが潜在的にある人がターゲット。

 

言い換えるなら、WEBページは教える、SNSは気付かせる専門とも言えます。

多くの場合SNSのリンクから、WEBページに飛ぶのは、問題を気付かせて、その解決策は「ここだよ!」と示しているのです。

 

ここの話はマーケティングにおける考え方で、広報活動とは無関係の様に思えます。

広報活動において、この2つのツールを使い分けるのは重要です。

この違いを知っているか、知らないかで、結果は大きく変わってきます。

 

広報活動でのツールの使い分け

ここで考えてみましょう。

 

なんでもいいですが、イベントを開催することになったとしましょう。

その時、WEBページを作成し、SNSでお知らせをするとします。

 

この時、WEBページとSNSのターゲットの特性を知らないとどうなるでしょうか?

おそらく、イベント名、イベントの内容、開催情報を強調してどちらも配信してしまうでしょう。

 

先ほども言いましたが、WEBページは教える専門で、何かを知りたい人のための答えを用意する必要があります。

 

だから、イベント名、イベントの内容、開催情報を強調して掲載することで問題はありません。

 

しかし、SNSの場合はどうでしょうか?

潜在的な悩みを気付かせてあげる必要があります。

イベント名、イベントの内容、開催情報を強調しても、悩みに気づいていなければ、スルーされてしまいます。

だからこれらの情報はWEBページに任せて、SNSは悩みを気付かせてあげる必要があります。

 

例題として、町内会のお祭りをお知らせするとします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

○WEBページの場合

広報町夏のお祭りのお知らせ

■内容:毎年恒例の町内会のお祭りです。出店も出ますので、皆さん奮ってご参加ください。

■出店

  • やきそば
  • 焼き鳥
  • ソフトクリーム

■日時:8/13 18:00〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

簡単に書けば、こうなります。

相手はお祭りに行ってみたいと思っているので、どんな内容なのか?、どんなことができるのか?、行くことできる日程かを知らせればいいのです。

 

SNSの場合では、これをやっても既に興味がある人しか反応しません。

SNSの場合、悩みを顕在化するために、何を解決できるかを一番に強調すべきです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

○SNSの場合

広報町近隣の住民の皆様必見!

夏の予定がない??

それなら、地域の交流や美味しいものを食べて、夏を満喫しませんか?

夏の思い出作りなら、広報町 夏のお祭り!!

8/13 18:00~

→詳細はこちらをクリック

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

パッと作った例なので微妙なところはありますが、広報町周辺に住んでいる人に呼びかけます。

これによって、馴染みのある地域の人は無意識に反応します。

どこか出かけたいな〜等、潜在的な悩みを顕在化させます。

悩みが健在化したところで、提案をしていくわけです。

これで興味が出た人は、WEBページを見て詳細を確認してくれます。

 

ここで一つ言っておくことは、WEBページの内容をSNSで投稿することは問題ありません。

それはあくまでお知らせレベルで、集客や目的を達成するためには弱いということです。

ですから、上記の様に、潜在的なターゲットを対象とした記事を投稿する必要があるのです。

 

この様に、ターゲットの違いを知るだけでもアプローチの方法が大きく変わります。

ぜひ、広報活動に役立ててみてください。

関連記事

  1. 狛江市役所

    素敵な思い出を!狛江市役所が記念撮影コーナーで【バックボード活用】

  2. 伝統祭り

    平成28年 大江戸両国・春の伝統祭 江戸を蘇らせる!開催のお知らせ

  3. ポイント

    評判はどう?プロが教える激安バックボード購入時に気をつけるポイント

  4. SNS分析

    SNSの企業アカウントで反応が悪いのはこれが原因かもしれない

  5. フェイスブックページ

    中小企業はフェイスブックページを作った方が良い?そもそもフェイスブック…

  6. WEBマーケティング

    中小企業だけどWEB・SNSで集客をしたい!どんな本を読んだらいい?お…

カテゴリー

    最近の記事

    1. トップバナー-BIGBOARD2
    2. テレビ
    3. フェイスブックページ
    4. インタビューボード サイズ
    5. カフェ デザイン