お店・会社のホームページ作ったけど、集客効果がない時の対処

集客

こんにちわ!

東京広告工業 岡田です。

前回集客用ホームページを作ったけど、自分で作ったほうがいい?という記事を書きました。

その中にも書いたのですが、集客用のホームページって作ったら終わりではなくて、その後の管理や拡張が必要になってきます。

ひと昔前なら、ホームページを持っていることが新しく、新鮮だったのですが、もう今はどこもホームページを持っています。

だから、ホームページだけでは差別化ができなくなっています。

そんな中、社長さんや店のオーナーさんの話を聞くと、ホームページで集客できていないというお声を耳にします。

ITの世界の成長が早くで追いつけないなんて言葉も聞きます。

実際、どうしたら良いのか?分からないというのが本音だと思います。

そこで今回は、できる限り分かりやすく、集客できるホームページの作り方を紹介していきます。

 

現状を知る事が大切!ホームページを分析しよう

「ホームページに人が集まらないどうしたら良いか?」の話の前に、「自社のホームページにどれくらいアクセスがあるのか?」を知ることが必要です。

  • どれくらいホームページにアクセスがあるのか?(ページビュー → PV)
  • どんな検索をして、このホームページに辿り着いてるのか?(キーワード)
  • ホームページで読まれている記事はどんな記事か? (ランディングページ)

このあたりが分かるようになると対策がしやすいというよりも、何をしたら良いか分からないからです。

  • ホームページのアクセス数が少ないのか?
  • それともまったく関係ない記事にアクセスが集中しているのか?
  • 記事を見られているけど、問い合わせがないのか?

アクセスされている内容により、直すべき所が変わってきます。

こういったものを調べるのに、解析ツールというのを使います。

有償のツールでなくても、Googleが無料の解析ツールを準備してくれています。

ほとんどのホームページ管理者はこれを使っています。

グーグルアナリティクスは、主にホームページの記事にどれくらいアクセスがあるのか? = ホームページが見られているのか?を調べるものです。

Google Search Consoleは、お客様はどんなキーワードで検索して自分達のホームページを見つけているのか?をチェックすることができます。

この分析ツールの導入の仕方は、ホームページ作成の環境によっても違いますので、グーグルアナリティクスの導入方法、Google Search Consoleの導入方法などで調べてもらうと分かりやすいと思います。

また本屋さんでもたくさん本が出ているので、それを一読することをオススメします。

初めは横文字が多くて、なんじゃこりゃと思いますが、慣れてくればすごく簡単なツールです。

もしあなたが業者の方にホームページを作成してもらい管理してもらっているなら、すでに毎月のレポートで情報が出ているかもしれません。

もし資料を見てもよく分からない場合には、管理されている業者に

  • グーグルアナリティクスとGoogle Search Consoleは導入されていますか?されていないなら導入することは可能ですか?(報告書はこれを元に作られていることもあります)
  • 月間のPVはどれくらいですか?
  • どんなキーワードでアクセスされていますか?
  • ホームページで読まれている記事上位10記事を教えてください。

と聞いてみましょう。

仮に分からないと言われたら、その業者さんは優良なところではないかもしれません。

基本的に無料ブログ以外であれば、導入は可能なので基本はできるはずです。

時々、ITはよく分からないと匙を投げる人がいますが、ホームページで集客しようと思ったら、

言葉や内容を少なからず理解する必要があります。

もちろんこう言った内容を職業にしている人もいるわけで、その人と張り合えるまでになれ!とは言いませんが、ここでお伝えしている内容は初歩段階です。

何事も新しいことを始めるには知識と多少の苦痛が伴いますが、それを抜ければ今までの苦労は何だったんだと分かるようになるはずです。

もし自力で厳しいなと思ったら、周りのITに詳しい人、ITネイティブな若者に聞いてみるのもいいでしょう。

解析ツールを導入したとしても、すぐに使えるわけではありません。

最低でも1ヶ月ほどは放置して、データを蓄積する必要があります。

ホームーページの集客は日によって変わることが多いので、1ヶ月単位の計測の方がブれがないです。

次は分析データをどうすれば良いのか?を説明していきます。

ホームページは人が集まらないと意味がない

ホームページにおいて、どれだけホームページにアクセスがあるか? = ページビューが重要になってきます。

ホームページの集客をパン屋さんで考えてみます。

ホームページを作った段階では、砂漠にパン屋があるイメージです。

もちろん砂漠のど真ん中に店があっても、お客さんが来るわけもありません。

しかし徐々にホームページを管理・拡張していくと、店舗が徐々に、森林 →町 → 都市と移動していきます。

そうすると、人通りも増えて来店するお客さんが増えてきます。

みなさんもGoogleで調べ物を検索すると、検索結果が1ページ目、2ページ目って表示されると思いますが、だいたい1ページ目を見て調べ終わりますよね。

この1ページ目の1番目に近ければ近いほど都会で人通りがある状態で、逆に18ページ目なんていうのは砂漠で、ほとんどの人がたどり着かない僻地となります。

砂漠に出店したとして、年に1人しかお客が来ないのであれば、販売のチャンスは1回限りです。

しかし、都会で毎日1000人のお客が来るとすれば、たとえ1%の人に買ってもらうだけでも、砂漠の店舗と比べて大きな成果になります。

もしかしたら、その1%のお客さんが口コミをしてくれる事で、更に新しいお客様を呼び込んでくれることになります。

だからホームページにはページビュー(どれくらいアクセスされているか?)が重要になります。

ではどれくらいPVって必要なのか?という事ですが、アクセス数は業種にもよりますが、1ヶ月数百〜数千pv程度では少ないです。

最低でも3万pv以上は効果を出すには必要になってくると思います。

じゃあどうやって、pvを増やすか?

そうなると、SEOという対策が必要です。

SEOとは?何をすること?

また横文字が出てきましたが、日本語にすると検索エンジン最適化ということです。

もっと簡単にいうと、検索エンジンを使って、検索された時になるべく上に表示されるように調整することです。

世界の検索エンジンの大半はGoogleで、アルゴリズム(表示する順番を決めるプログラム)を使って、各ホームページを評価し、検索されたキーワードにとって最適な結果を順番に表示します。

アルゴリズムとはプログラムで、各ホームページの良し悪しを自動で判断してくれるものです。

あなたがパン屋さんであれば、「美味しい東京のパン屋」と検索された時に、あなたのホームページがGoogleから、このキーワードに適した良いサイトだと判断されれば、上位表示されます。

この上位表示される条件や判定基準は公にされていませんが、80以上もあるとも言われています。

SEOは専門書もあったり、それをやるための企業がありますのでノウハウがたくさんありますが、様々な人が実験した結果、以下は最低限重要です。

  • お客様のためになる内容の記事が掲載されている
  • ホームページに、専門的な記事数がたくさんある
  • 内容がしっかり記載されて、1記事の文字数が多い

お客様のためになる記事というのは、人それぞれ価値観があるので言えませんが、誰かの悩みを解決することです。

基本的に検索エンジンを使う時は、何か悩みがないと使えません。

  • 美味しいパン屋がどこにあるか知りたい
  • パンの作り方を知りたい
  • 低カロリーのパンはあるのか?

だから有名人でもない限り、闇雲に日々の日記を書いても評価されません。

お客様の悩みを解決する記事を最低でも2000文字以上で、200〜300記事をホームーページに掲載する必要になってきます。

このようなことをしていると、あなたのサイトは、グーグルから評価されて、検索された時に上位に表示されやすくなります。

しかし、注意点があります。

あなたがパン屋さんなのに、ゲームの攻略情報の記事をたくさん書いたらどうなるでしょうか?

ゲーム攻略では上位に表示されても、美味しいパン屋では上位に表示されません。

ゲーム好きのパン屋さんで有名になるかもしれないですが、肝心のパンを購買する、好きな女性や主婦にお店の情報は届きづらいです。

単純にSEOをすれば良いのではなく、上位表示されるためのキーワード選びというのも必要になります。

検索されるキーワードをしっかり意識する

キーワードとは、検索される時に使われる言葉なのですが、

  • ビックワード(たくさん検索されるが、競合が多い)
  • ミドルワード(そこそこ検索されるが、そこそこ競合が多い)
  • スモールワード(あまり検索されないが、競合が少ない)
検索される多さによって分類されます。
 
 
検索される数が多いキーワードであれば、上位されたときに多くのページビューを獲得することができます。
 
 
ただし、ビックキーワードになればなるほど、1位になることが難しいです。
 
 
ミドルでれば、頑張り次第で上位表示を狙え、スモールであれば、少し頑張ればすぐにでも1位を獲得できます。
 
 
パン屋の例で言えば、
 
  •  
  • 美味しいパン屋は、ビック
  • 美味しいパン屋 東京は、ミドル
  • 美味しいパン屋 東京 文京区は、スモール
 
実際には、スモールであっても競合が強い場合があるので、一概には言えませんが、キーワードを絞れば絞るほど、競合はいなくなります。
 
 
反対に絞りすぎると、誰も検索しないことにもなるので、バランスを考える必要があります。
 
 
検索される数を調べるのは、グーグルのキーワードプランナーなどが有名ですが、最近は有償でグーグル広告を出稿しないと、ざっくりとした数字が見えなくなりました。
 
 
とても使いやすいので、月数千円でもグーグルのアドワーズという、検索時に表示される広告に自社の広告を出すこともおすすめします。(キーワードプランナーは、アドワーズの中の補助機能とです)
 
 
最初はスモールワードで集客しつつ、サイトを成長させていく中で、ミドル、ビックを狙う流れになると思います。
 
 
 
検索のボリュームも大切なのですが、もう1つ大切なことがあります。
 
 
それが、検索意図です。
 
 
時々、自社の名前で検索したら、1位だと喜んでいる人がいますが、嬉しい気持ちはわかりますが、決して喜ばしい状態ではないことに注意してください。
 
 
有名な企業や、お店ならいざ知らず、多くの人がはあなたの店名や会社名を知らないでしょう。
 
 
 
人が検索エンジンを使って調べものをするときは、「悩みに対する答え」を見つけようとしますので、同じキーワードに合致する必要があります。
 
 
 
そうすると、おいしいパン屋を探している人は、特定のお店がない限り、店名では検索することはありません。
 
 
 
というよりも、そもそもあなたのお店の名前を知らなければ、検索することができません。
 
 
 
文京区で美味しいパン屋を探している場合、店舗名ではなくて、例えば文京区や東京都や関東圏でおすすめの美味しいパン屋検索するので、この様なキーワードで検索された場合に、あなたのホームページが表示されないと、新規のお客さんを獲得するのは難しいでしょう。
 
 
そして、検索されるキーワードによって、お客さんの求めるものが違います。
 
 
文京区の美味しいパン屋で検索すれば → 文京区の近くにいく、または居て、おいしいパンを食べたいと思っている
 
  
 
パン屋 塩パン レシピで検索すれば → パン屋さんの塩パンのレシピ知りたい
 
 
 
パン屋 時給で検索すれば → パン屋で働きたいと思っている
 
 
 
〇〇店 店長名 → 何かの営業をしたいと思っている
 
 
 
酵母って何? → 知らなかったことを調べたい
 
 
 
大切なのはキーワードでも、集客になりそうな検索意図、集客に繋がらない検索意図というのがあります。
 
 
 
「文京区 おいしいパン屋」と検索する人なら、お客さんになってくれる可能性が多いので、そう行った人に向けて記事を書けば集客に繋がりやすいです。
 
 
 
「パン屋  塩パン レシピ」だと、自分でパンを焼きたいと思っているだろうということで、集客には少し遠いですが、来店者にはパン作りのコツを教えるという様な企画をすれば、パン作りに興味のある人が訪れてパンを買ってくれたり、ファンになってくれるかもしれません。
 
 
 
しかし、「パン屋 年収」という記事を書いたとしても、お客さんになってくれそうな人は見てくれず、集客には繋がらないですよね。
 
 
 
こういったキーワードの見つけるツールも存在はするのですが、お客さんとの会話など、日常の会話に転がっています。
 
 
 
また本や雑誌なんかにも、情報がありますので、常にアンテナを立てておきましょう。
 
 

ホームページで集客するために大切なこと

ここまで、ホームーページへのアクセスを増やす方法を紹介してきました。
 
 
なるべく簡素に書いたつもりですが、初めての人には分かりづらいと思います。
 
 
ここで伝えたい一番大切なことは、上記のテクニックではないんです。
 
 
確かにホームーページにアクセスを集めるには、ITの知識やテクニックは必要になってきます。
 
 
ただ、その知識やテクニックがあれば、アクセスが集められるわけではありません。
 
 
ホームページに人を集めるには、誰もができる事ながら、なかなか出来ない事が必要なってきます。
 
 
  • 続けること
  • 情熱を持つこと 
 
テクニックうんぬんの前に、この2つがホームページ集客にはこの2つが重要だと思います。
 
 
ネットの世界は、多くの人が「何か行動したら、すぐに成果が出る」と考えがちです。
 
 
たしかにそのような側面もありますが、実際はちょっと違います。
 
 
例えばホームページなんかは、書いた記事にアクセスが集まってくるのは半年後なんて事はざらにあります。
 
 
多くの人は、最初は情熱を持って2週間くらいブログを書いているけど、書いても書いてもアクセスが集まらないと、途中で更新が止まってしまう場合がほとんどです。
 
 
ホームページで集客するのは、本当に泥臭い作業の続きです。
 
 
半年以上はまったく成果もないまま、ひたすら更新するということになります。
 
 
その下積みを超えた時に、今までの作業の成果が表れ始めます。
  
 
あとは、「情熱があるか?」です。
 
 
確かにテクニックは重要ですが、多くの人に情報を伝えたい、こんな思いでお店をやっていること、下手な文章でも良いから書く事が重要です。
 
 
そういう意味では、初めはテクニックは無視でも良いと思います。少しずつ勉強して取り入れて行けば良いです。
 
 
ホームーページは不思議なもので、プロのライターが書いた記事は内容も分かりやすいですし、綺麗な文章なのですが、文章が下手でも本人が情熱を持って書いた記事の方が反応が良かったりします。
 
 
ネット社会で無機質なように感じますが、人の温かみって伝わるもんです。
 
 
ホームーページで集客するために大切な事は2つ。
 
  • 更新を続けること
  • 情熱を持って書く事
 
ホームページ集客には近い道はありません。
 
 
こんな簡単な事なのですが、これをできる人は多くはありません。
 
 
しかし、その大変な時期を乗り越えた時、ネットの世界はあなたに、すばらしい成果を与えてくれます。
 
 
 
 

関連記事

  1. 屋外

    屋内用バナースタンドを屋外用として使える??

  2. hp考える

    集客用ホームページは自分で作った方がいい?それとも業者にお願いいする?…

  3. カフェ デザイン

    中小企業のホームページに大切なのは、綺麗さでは無い理由は飲食店に例え…

  4. 集客

    イベント・展示会で集客目標が達成できない!どうしたらいい?

  5. 狛江市役所

    素敵な思い出を!狛江市役所が記念撮影コーナーで【バックボード活用】

  6. 伝統祭り

    平成28年 大江戸両国・春の伝統祭 江戸を蘇らせる!開催のお知らせ

カテゴリー

    最近の記事

    1. フラッガイド セーフティー
    2. トップバナー-BIGBOARD2
    3. テレビ
    4. フェイスブックページ
    5. インタビューボード サイズ