ノーベル賞を受賞!東工大 大隈名誉教授の記者会見の背景ボードは何?

bigpop

  こんにちわ東京広告工業株式会社 岡田です。  

  東京工業大学 大隈良典名誉教授がノーベル生理学医学賞を受賞されましたね。

 

日本人のノーベル賞は3年連続ということで、日本人として嬉しいですね。

ノーベル賞を受賞した内容については、ニュースを見てもイマイチ理解できないですが・・・  

 

 

さて東京工業大学 大岡山キャンパスで記者会見が盛大に開かれましたが、その記者会見の背景に注目したいと思います。  

 

 

東工大 大隈名誉教授の記者会見の背景にあるものは?

記者会見で見かけるあの市松模様(チェック柄)のボード??はなんなんでしょうか?

 

あれは記者会見やイベントに用いられる、バックボード、大型バナースタンド、バックパネルと言われる広報用品です。

 

本来は素材によって呼び方が変わるのですが、今ではあまり区別なくバックボードと呼ばれることが多いでしょうか?

 

なぜあのようなバックボードが使われるのでしょうか?

 

それは理由が2つあります。

①背景を演出するため

②自組織をアピールするため

 

上記2つが主な理由です。

 

まず記者会見などはホテルや会議室などで行われますが、背景に何もないととても寂しい印象になります。

 

だからあのように背景にボードを置いて派手に演出しています。

 

2つ目が、写真や動画を撮られた時に、自組織をアピール狙いもあります。

 

例えば今回でも背景に何もなければ、写真を見ただけでは、どこの会見か?がわかりません。

背景を置いて、組織名を出すことで、今回のようにノーベル賞を取ったのは、”東京工業大学”の大隈名誉教授だとわかるようにしているのです。   

  なぜ記者会見には市松模様が多いかというと、記者会見の背景は何故【市松模様】なのか?でも解説していますが、記者が写真や動画で、主役をアップした時でも、組織名が見えるようにしています。

 

これを画像や大きな文字にすると、全体が写る引きの状態であれば、何が表示されているか分かりますが、アップになると何が書いてあるか分からない状態になります。

 

だから市松模様(チェック柄)が機能的なので、採用されるのです。  

 

 

今回東工大記者会見で使われたのは布製のバックボード

背景からPRするバックボード 今回東京工業大学の記者会見で弊社のBIGPOPが背景用のバックボードとして採用されました。

 

弊社のバックボードは、布製のバックボードで、軽くて、小さく収納できるので、様々な場面で利用ができます。

 

4本のシンプルなフレームとスタンドで組み立てられ、今回東京工業大学様では、オリジナルで看板が取り付けられていました。

 

シンプルな構造だからこそ、簡単に独自のアレンジもできます。

>>BIGPOPの詳細はこちら

関連記事

  1. フェイスブックページ

    中小企業はフェイスブックページを作った方が良い?そもそもフェイスブック…

  2. 伝統祭り

    平成28年 大江戸両国・春の伝統祭 江戸を蘇らせる!開催のお知らせ

  3. 突然の記者会見

    急な記者会見!どうしたら良い??何を準備したらいい?

  4. テレビ

    ベネフィット中心のCMはこれからどうなる?

  5. 展示会

    この世から展示会・イベントが無くなるかもしれませんね。

  6. SNS広報

    広報活動はSNSとWEBページでアプローチを変える

カテゴリー

    最近の記事

    1. トップバナー-BIGBOARD2
    2. テレビ
    3. フェイスブックページ
    4. インタビューボード サイズ
    5. カフェ デザイン